太陽電池

ガラス

太陽電池のカバーは見た感じただのガラスに見えます。太陽電池の大手といえばシャープや京セラといったところですが、HPで見ても太陽電池はガラスとしか書いてありません。

太陽電池に疑問を持っている人もいると思うので。
太陽電池のガラスは、太陽電池の発電効率を良くするために光の吸収を極力抑えたガラスが使われています。
光学ガラスに近いものだと思いますが、耐候性や耐衝撃性も求められるため、より特化したものです。

また、太陽電池セルが光を反射してしまうと発電効率が落ちるのですが、太陽電池のガラスのセル側で反射させるようにしてもう一度セルに光を届けるようにされた太陽電池もあるようです。

太陽電池

環境

太陽電池は環境にやさしいとよく言われますが具体的にどのように環境にやさしいのでしょうか。

まず太陽電池で発電をすることによる環境汚染がない。
そしてこれから太陽電池製造過程におけるEPTを少なくできる可能性がある。
一日の中で電力需要のピークは太陽の一番輝いている時間帯であり,その時間帯に太陽電池を使うことで火力発電による電力を補うことができる。

太陽電池を使うことで火力発電をおさえることができるし、家庭でも太陽電池を導入できることがいいと思います。

そして個人単位で太陽電池を導入することで一人一人の環境意識を高めることができるのが太陽電池を最も推奨したい一因だと思います

太陽電池

太陽電池の効率

太陽電池の効率は、入射エネルギーの5〜30%の効率で電気エネルギーを取り出せます。

価格的・温暖化効果の観点から太陽電池の市販のものは5〜15%です。

太陽電池の宇宙での使用では、熱問題がとても大きな問題となります。宇宙では、空気がないから太陽電池の熱がたまりやすいからです。

太陽電池の電気にならない部分は、パネル表面での反射や半導体内での熱損失など様々な要素で太陽電池エネルギーが使われます。
宇宙では、熱問題が大きいので効果でも効率の良い30%の太陽電池が実用化されています。

最後に、熱くなると効率が悪いというのは、熱抵抗が高くなり、太陽電池の効率が落ちてしまうからであります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。