太陽電池

太陽電池の効率

太陽電池の効率は、入射エネルギーの5〜30%の効率で電気エネルギーを取り出せます。

価格的・温暖化効果の観点から太陽電池の市販のものは5〜15%です。

太陽電池の宇宙での使用では、熱問題がとても大きな問題となります。宇宙では、空気がないから太陽電池の熱がたまりやすいからです。

太陽電池の電気にならない部分は、パネル表面での反射や半導体内での熱損失など様々な要素で太陽電池エネルギーが使われます。
宇宙では、熱問題が大きいので効果でも効率の良い30%の太陽電池が実用化されています。

最後に、熱くなると効率が悪いというのは、熱抵抗が高くなり、太陽電池の効率が落ちてしまうからであります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。